Mobita より快適で楽しいさいたまカーライフをお届けするライフスタイル・マガジン モビータ
Mobitaは、埼玉県のタウン情報とカーライフを皆様にお伝えするために公開された情報サイトです。皆様からのタウン情報やカーライフ情報の投稿をお待ちしております。
新着一覧
メニュー
Mobita > みんなのコラム一覧 > カーライフ > 埼玉最大のレジャー施設 | 東武動物公園の楽しみ方

カーライフ

カーライフ

埼玉最大のレジャー施設 | 東武動物公園の楽しみ方

埼玉県民なら知らない人は少ないであろうレジャースポットといえば東武動物公園。

東武動物公園は埼玉県内最大の複合レジャー施設としても有名で、県外からも多くの人が訪れます。

実は楽しみ方によっては1日では制覇できないほどの規模を誇る場所でもあります。

そこで今回は、東武動物公園の楽しみ方を紹介していきます。

 

3つのレジャーが楽しめる複合型施設

東武動物公園へ行ったことがない人が真っ先に想像するイメージの大半は「動物がいる公園」ではないでしょうか。このイメージは三割がた正解です。

残りの七割はどういったものなのか、ということを紹介しましょう。

 

東武動物公園は通年で「動物園」と「遊園地」の両方が楽しめます。

そして夏場には県内最大級のプールがオープンします。

つまり、東武動物公園は最大で3つのレジャーが一気に楽しめる欲張りスポットなのです。

 

楽しみ方は人それぞれ

次に東武動物公園での楽しみ方をレクチャーしていきます。

ここは老若男女問わず楽しむことができるスポットで、動物園だけを楽しむこともできれば遊園地でアトラクションにも乗ることができます。つまり、動物目的で行っても遊園地目的で行っても一石二鳥で楽しむことができます。

 

両方楽しめるとなるとどちらも中途半端なのではないかと思ってしまうかもしれませんが、遊園地をとっても動物園をとっても手を抜かれているということは全く感じません。

動物園では希少なホワイトタイガーを見ることもできますし、小さい子供たちが動物たちと触れ合うことができるコーナーもあります。

遊園地においても妥協されておらず、家族やカップルでも楽しめる観覧車や、遊園地の定番でもある絶叫マシーンもあります。

 

どれを目的としても十分に楽しむことができるでしょう。

 

意外な穴場は駅に近い東側

東武動物公園は東西2か所のゲートから入れます。

カーナビで行くと駐車場のある西側から園内に入ることになりますが、電車で行くと東側からとなります。

車で行くとしても東側の方が実は穴場だったりもします。その理由は駐車場。

少し離れますが、駅の近くにコインパーキングもありますし、東口ゲート近くには民間の駐車場もあります。民間駐車場では安い時期だと西側駐車場の半値の500円(普通車)で利用することもできます。

少額ですが節約にもなりおすすめです。

 

まとめ

聞いたことはあるけど実は意外と知らないスポットでもある東武動物公園。敷地の面積もかなり広大なので端から端まで歩いても相当な距離。運動向けの靴を履くなどして楽しむようにしましょうね。